第68回 人工知能学会 分子生物情報研究会(SIG-MBI)(オープンバイオ研究会と共催)(第57回 情報処理学会 バイオ情報学研究会と連続開催)

日時:2019年3月9日(土) 14:00より
         10日(日) 12:00まで(予定)

場所:北陸先端科学技術大学院大学(JAIST) 知識科学研究科講義棟2F中講義室

内容:特にテーマを限りませんので、奮って御応募下さい。

初日の発表希望者は、概要を以下の様式で佐藤 (ken@t.kanazawa-u.ac.jp) までお送り下さい。

 著者(講演者に◯)、所属
 代表者の連絡先
 講演タイトル
 講演概要(数行程度)
 希望講演時間(分)

 ★ Subject: には必ず「発表希望」と御書き下さい。★

採択およびプログラム編成は世話人に御一任下さい。

昨年と同様に、今回も同じ場所で3つの研究会を連続して開催します。バイオ
情報学研究会は3月8日(金)から9日(土)にかけて、分子生物情報研究会
は3月9日(土)に、オープンバイオ研究会は3月10日(日)に開催します。
2泊すれば3つの研究会に参加でき、基礎から応用まで幅広い発表が聞けると
思いますので、奮って御参加下さい。(開催順が昨年と異りますので御注意下
さい)

オープンバイオ研究会については、詳しくはhttps://github.com/open-bio-japan/website/wiki/meeting23をご参照下さい。

バイオ情報学研究会については、詳しくはhttp://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/bio57.htmlをご参照下さい。

JAISTへの道程:
  https://www.jaist.ac.jp/top/access/

小松空港や小松駅からJAISTへの移動について:

  注)小松空港からJAISTへの直行便は廃止され、小松駅からJAISTへの便に統合されました。
 JAIST送迎車(上記URL参照)の利用を希望する方は、必ず下記の情報を佐藤までお知らせ下さい。
 宿泊申込をされる方は、通信欄に書いて頂ければ結構です。
 ・利用する日
 ・飛行機または列車の便名
 ・送迎車の便名(上記JAISTへの道程のページから辿れる送迎車運行表を参照)
 ・携帯電話の番号
 但し、送迎車1便につき先着9名までなので、満席の場合はタクシー等に乗り合わせて
 来て頂くことになります。タクシーに4人乗車すれば1人2000円程度で済みますので、
 飛行機の便が確定している方は、事前に佐藤までメールでお知らせ下さい。同じ便に乗る方
 同士で、互いに情報を交換できるように致します。

宿泊先:辰口温泉 まつさき旅館
    〒923-1245 石川県能美市辰口町3-1 tel 0761-51-3111
  注:宿泊料は約13000円です(朝夕食付き)。



宿泊の申し込みは以下のURLで受け付けています。
  http://bioinfo.ec.t.kanazawa-u.ac.jp/~ken/sigmbi/reserve.html
30〜40人程度のキャパシティなので、できるだけ早めに御予約下さい。
締め切りは、宿泊・講演申し込みともに2月22日(金)です。





研究会のみ参加(講演宿泊共になし)の場合:無料。参加登録の必要もありません。


問い合わせ先(世話人): 佐藤賢二 ken@t.kanazawa-u.ac.jp
金沢大学 理工研究域 生命理工学系


発表予定者リスト(順不同・順次追加します)

-----------------
分子ロボット創薬への道

◯小長谷明彦(東京工業大学)

生体分子を集積化することで、システムとして動作する分子ロボットを自己組
織化させることが可能となってきた。分子ロボットは生体分子から構成されて
いるため生体との親和性が高い。本講演ではこのような特性を活かした「分子
ロボット創薬」の可能性について論じる。

-----------------
“原子=人”とみてみることから垣間見える代謝ネットワークと社会的ネットワークの比喩的類似性

◯太田潤(岡山大学)

代謝ネットワークのグローバルな構造の解析がなされてきている。それらの解
析は、多くの場合、代謝ネットワークを代謝産物のネットワークとみることを
前提として行われている。それに対して、第65回の本研究会(昨年3月)で
は、代謝ネットワークを原子のネットワークとみる考え方があり得ることを紹
介した。今回は、代謝ネットワークを原子のネットワークとみる考え方と同時
に着想した、代謝ネットワークを社会的ネットワークと比喩的に類似するもの
とみる考え方を紹介する。この考え方における、代謝ネットワークと社会的ネッ
トワークの対応関係は、1個の原子が1人の人に対応すると考えることから導
かれる。社会的ネットワークがスモールワールドネットワークであるとされる
ときのノードとしての人と人の間の距離が原子ネットワークとしての代謝ネッ
トワークの何に対応するかに関する考察も述べる。

-----------------


-----------------