全国的な新型コロナウィルスの発生を受けて、表題の件で開催の可否について種々協議を重ねた結果、大規模イベントには当たらないということで以下の判断になりました。
第70回 人工知能学会 分子生物情報研究会(SIG-MBI)(オープンバイオ研究会と共催)(第61回 情報処理学会 バイオ情報学研究会と連続開催)

日時:2020年3月13日(金) 14:00より
          14日(土) 12:00まで(予定)

場所:北陸先端科学技術大学院大学(JAIST) 知識科学研究科講義棟2F中講義室

内容:特にテーマを限りませんので、奮って御応募下さい。

初日の発表希望者は、概要を以下の様式で佐藤 (ken@t.kanazawa-u.ac.jp) までお送り下さい。

 著者(講演者に◯)、所属
 代表者の連絡先
 講演タイトル
 講演概要(数行程度)
 希望講演時間(分)

 ★ Subject: には必ず「発表希望」と御書き下さい。★

採択およびプログラム編成は世話人に御一任下さい。

昨年と同様に、今回も同じ場所で3つの研究会を連続して開催します。バイオ
情報学研究会は3月12日(木)から13日(金)にかけて、分子生物情報研究会
は3月13日(金)に、オープンバイオ研究会は3月14日(土)に開催します。
2泊すれば3つの研究会に参加でき、基礎から応用まで幅広い発表が聞けると
思いますので、奮って御参加下さい。(曜日が昨年と異りますので御注意下
さい)

オープンバイオ研究会については、詳しくはhttps://github.com/open-bio-japan/website/wiki/meeting24をご参照下さい。

バイオ情報学研究会については、詳しくはhttp://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/bio61.htmlをご参照下さい。

JAISTへの道程:
  https://www.jaist.ac.jp/top/access/

小松空港や小松駅からJAISTへの移動について:

  注)小松空港からJAISTへの直行便は廃止され、小松駅からJAISTへの便に統合されました。
 JAIST送迎車(上記URL参照)の利用を希望する方は、必ず下記の情報を佐藤までお知らせ下さい。
 宿泊申込をされる方は、通信欄に書いて頂ければ結構です。
 ・利用する日
 ・飛行機または列車の便名
 ・送迎車の便名(上記JAISTへの道程のページから辿れる送迎車運行表を参照)
 ・携帯電話の番号
 但し、送迎車1便につき先着9名までなので、満席の場合はタクシー等に乗り合わせて
 来て頂くことになります。タクシーに4人乗車すれば1人2000円程度で済みますので、
 飛行機の便が確定している方は、事前に佐藤までメールでお知らせ下さい。同じ便に乗る方
 同士で、互いに情報を交換できるように致します。

宿泊先:辰口温泉 まつさき旅館
    〒923-1245 石川県能美市辰口町3-1 tel 0761-51-3111
  注:宿泊料は約13000円です(朝夕食付き)。








宿泊の申し込みは終了しましたが、若干名なら予約可能ですので、世話人まで
御連絡下さい。

研究会のみ参加(講演宿泊共になし)の場合:無料。参加登録の必要もありません。


問い合わせ先(世話人): 佐藤賢二 ken@t.kanazawa-u.ac.jp
金沢大学 理工研究域 生命理工学系


発表予定者リスト(順不同・順次追加します)
プログラム
-----------------
14:00-14:15
合流する生合成代謝経路の算出

◯太田潤(岡山大学)

代謝に関して、AはB生成の原料であるという言い方をするとき、AからBに至る
linearな代謝経路が想起されるが、B分子全体が単独のA分子から生成しない場
合も多い。合流・分岐する生合成経路は一般にみられる。合流するが分岐しな
い生合成代謝経路は、EMU tracingに引き続き逆行性経路計算する方法により算
出できる。この方法の応用例を述べる。

-----------------
14:15-14:35
免疫系遺伝子発現データの機械学習と選抜された遺伝子リストの評価

◯樋口千洋 (国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)

Immnology Genome Projectで明らかにされたマウスにおける19の免疫細胞にお
ける遺伝子発現データを4種類の機械学習手法で特徴選抜し判別精度の比較を行
うと共にそれらの重なりを調べた。また、エンリッチメント解析により選抜さ
れた遺伝子リストの合理性を調べた。

-----------------
14:35-14:45 休憩

-----------------
14:45-15:35
SIG-MBIを振り返って

◯小長谷明彦(東京工業大学 名誉教授)

3月13日(金)に北陸先端科学技術大学院大学で開催される第70回人工知能学会
分子生物情報研究会をもって、SIG-MBIの活動を閉じることになる。第1回の
SIG-MBIは1998年4月に東大医科研で開催された。1990年代はゲノム解析の時代、
2000年代はOMICSやシステムバイオロジーが始まり、バイオ情報学が本格化した。
2010年代は、「解析のためのバイオインフォマティクス」から「設計のための
バイオインフォマティクス」へとパラダイムシフトし、分子ロボット関係の話
題を中心に議論してきた。分子ロボットは2012年から新学術領域が、2016年か
らはNEDO分子人工筋肉、2017年からはJST分子ロボット倫理が始まり、夢が形に
なってきた段階で、一つの区切りとしたい。

-----------------
15:35-15:45 休憩

-----------------
15:45-16:00
瀬戸内海における動物プランクトンのeDNA解析

◯川島武士(国立遺伝学研究所)

多くの海産無脊椎動物は、発生の一時期もしくは成体になってからも、浮遊性
の生活史をしめす。外洋における微小な浮遊生物の動態(dynamics)を知る方法
は、ながらくプランクトンネット等による採集に依存していたが、近年は環境
DNA(eDNA)解析による観察が可能になってきた。今回、発表者を含む臨海ハック
研究会メンバーで、日本近海域における浮遊生物動態の一端を解明することを
めざし、隣接する複数地点の採水と環境DNA比較解析を行ったので報告する。

-----------------
16:00-16:15
セマンティック・ウェブ技術を用いたデータベース統合の10年と今後について

◯川島秀一、片山俊明(ライフサイエンス統合データベースセンター)

DBCLSとNBDCがこれまで約10年に渡って進めてきた、セマンティック・ウェブ技
術を応用した、データベースを統合的に利用するための技術開発およびサービ
ス開発について概観し、今後の展開について報告したい。

-----------------
16:15-16:30
Tardigrada and Terrestrialisation: Genes, Rocks & Clocks.

◯James Fleming(慶應義塾大学先端生命科学研究所)

-----------------
16:30-16:45
見えてきたクマムシ乾眠の分子機構

◯荒川和晴(慶應義塾大学先端生命科学研究所)

2016-2017年の2種のクマムシゲノムの公開から、クマムシ乾眠の研究が世界中
に広がりつつある。我々は、比較ゲノム解析や交叉耐性のオミクス解析から網
羅的に乾眠関連遺伝子をスクリーニングし、さらにマルチオミクス解析と分子
生物学的解析によって、個別の候補の機能について詳細に解析を進めている。
本発表では、明らかになりつつあるクマムシ乾眠の分子機構について最新の知
見を紹介する。

-----------------
16:45-17:00
疾患バイオバンクと前向きゲノムコホートが形成する一般集団バイオバンクに
よるバイオバンク・ネットワークの形成とゲノム医療の研究開発の今後の方向
性について

◯荻島創一 

-----------------